他の店舗と差をつけるデザイン|紙袋で宣伝

メンズ
  1. ホーム
  2. 時代と共に変わる

時代と共に変わる

2人の女性

スタンド看板の種類が増えた

昔のスタンド看板と言えば、トタンでフレームを作って、手書きで表面に店名などを書くのが一般的でした。その後は、プラスチック製スタンド看板が増えました。中に電灯を仕込んで、夜でも集客できるようなタイプが飲食店などでよく使用されたのです。このタイプは電源ケーブルが必要なので設置場所に制限が出てきてしまいます。これ以降はお店を新規開店する場合、電源を必要とするスタンド看板用にコンセントを外部に設置するのが一般的になったのです。

画一化から個性重視へ

お客さんに気がついてもらい、関心を持ってもらわなくてはスタンド看板の意味が無いのです。そのため、一見奇をてらうようデザインの物もあります。しかし、やり過ぎは逆効果です。街の景観の邪魔にならない程度に程よく自己主張。これが、理想的なスタンド看板です。スタンド看板製作を請け負う専門業者としても、このような顧客の多様なニーズに合わせるべく日々努力しています。自社の技術だけでは製作困難な場合は、別の分野の専門家と共同制作で看板を作ることもあります。実際に、美術品制作会社と看板制作会社が共同で作業することは多いです。スタンド看板の画一化から個性重視へ。この流れは止まりません。